イタチの特徴

イタチは漢字では鼬と書きます。 日本全国に生息しています。 体長は約20cm〜45cmほどで、胴は細長く、四肢は短く、尾は太長です。 夜行性で、小型ながら獰猛でネズミや鳥を捕食します。 イタチには肛門の左右に肛門腺があり、そこから強烈な悪臭の液体を分泌します。 近年、イタチが一般家屋などの天井裏や床下に侵入し巣を作り繁殖する被害が急増しています。 被害の内容としては、夜行性であるため、夜中に走り回る騒音被害や、糞尿により汚染、悪臭、害虫を発生させます。 また、イタチにはノミ、ダニが寄生しており、それにより、虫さされやぜん息、アトピーを引き起こします。 その他、生ゴミを漁り散らかしたり、飼っている家畜やペットにケガをさせる危険があります。 当然、イタチ駆除が必要になりますが、イタチ駆除はあらゆる面で簡単とは言えません。 次に、詳しく説明していきます。

イタチ駆除の方法としては、追い出すか捕獲するかのどちらかになります。 何故なら、イタチは野生動物であるため、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律に触れるため、殺して終わりという訳にはいかないからです。 追い出す具体的な方法としては、木酢液や漂白剤などのイタチの嫌がる匂いの薬品か、ネズミの忌避剤、くん煙剤などを使用します。 捕獲方法は、まず、自治体へ捕獲許可の申請を出し、金籠などの捕獲器具の罠を仕掛けます。 そして、いずれかの方法で、駆除した後は、巣の撤去、糞尿の清掃、ダニ、ノミの殺虫、消毒、侵入口の封鎖が必要です。 このように、イタチ駆除は個人での対策が困難なため、害獣駆除業者へ依頼する事をおすすめします。